全身脱毛

脱毛サロンに行く前の自己処理とは?正しい自己処理のやり方を徹底解説!

脱毛サロンでの脱毛前に行う自己処理について

  1. 脱毛サロンに行く前に自己処理が必要な理由
  2. 自己処理を行う際の注意点

を解説いたします。

脱毛サロンに行く前に自己処理を行っておかないと、1回分の施術が無駄になるなど、大きな損をしてしまう恐れがあります。

なぜ自己処理が必要なのか、1点ずつ確認していきましょう。

脱毛サロンに行く前になぜ自己処理が必要?

脱毛サロンに行く前に自己処理が必要な理由として、肌トラブルの回避や脱毛効果アップの期待ができるといったものがあります。

自己処理を行う理由からチェックしてみましょう。

ムダ毛が長いと肌トラブルの恐れがある

多くの脱毛サロンでは、ムダ毛にあるメラニンに反応して脱毛効果のある光を照射する脱毛機が採用されています。

ムダ毛が長いままだと肌の上にあるメラニンの量が増えるため、脱毛機が過剰に反応してしまい、やけどなどの肌トラブルが起きる可能性があるのです。

自己処理を行っておけば肌トラブルのリスクも回避できるため、脱毛サロンに行く前には必ず自己処理を行いましょう。

1日~2日前に自己処理しておくと脱毛効果も期待できる

メラニン反応型の脱毛機はある程度ムダ毛があることで反応しやすくなり、高い脱毛効果が期待できます。

施術直前に自己処理を行うよりも、1日から2日前に自己処理を行っておいたほうが少しムダ毛が生えて脱毛機が反応しやすくなります。

より高い脱毛効果を期待するなら、施術直前ではなく施術日の1日から2日前に自己処理を行うと良いでしょう。

脱毛サロン前に自己処理する際の注意点

脱毛サロンへ行く前に自己処理を行う場合、電気シェーバーなどで優しく脱毛することを心掛けたり、そもそも自己処理を忘れないようにする、脱毛サロンのサービスを利用するといった注意点があります。

注意点を正しく理解して、より安全に脱毛サロンを利用できるように気を付けましょう。

電気シェーバーやT字カミソリで優しく脱毛する

自己処理を行う際は電気シェーバーやT字カミソリを利用するのがおすすめです。

毛抜きはムダ毛が抜けてしまいますし、肌へのダメージが強く、脱毛施術に支障が出るので、毛抜きでの自己処理は避けてください。

電気シェーバーやT字カミソリを利用する際は、肌を切らないように注意しましょう。

肌を切って傷ができると、傷を避けて脱毛施術が行われるほか、傷の部分がメラニンで黒ずむことで脱毛機が過剰反応する恐れがあります。

完全になくなるほど自己処理する必要はないので、優しくムダ毛を自己処理するようにしてください。

自己処理を忘れると脱毛施術を断られる場合も

自己処理を忘れた場合、肌トラブルを起こさないために脱毛サロン側から脱毛施術を断られる場合もあります。

脱毛施術を行ってもムダ毛が多い部分は避けて脱毛していくなど、ムダ毛が多い部位は脱毛してもらえない場合が多いので、必ず自己処理は忘れないようにしましょう。

脱毛サロンのシェービングサービスを利用する

脱毛サロンによっては脱毛施術前にスタッフがシェービングを行ってくれるサービスもあります。

特に無料でシェービングを行ってくれる脱毛サロンは対象部位に関しては自己処理を行う必要がなくなるため、自己処理の手間が省けます。

全身から背面など手が届かない部位が対象であるなど、自己処理する部位や料金は脱毛サロンによってさまざまなので、気になる脱毛サロンがあったらシェービングサービスの内容を確認しておきましょう。

銀座カラー

銀座カラーでは、自己処理が難しい背面のシェービングサービスを利用することができます。

手が届かない位置のシェービングができるので、肌を傷つける心配もなく自己処理の手間も省くことができます。

高い効果が期待できる脱毛施術や利用しやすい料金内容など、脱毛計画を進めやすい脱毛サロンですので、気になった方は無料カウンセリングから情報をチェックしてみてください。

まとめ

脱毛サロンでの自己処理は、肌トラブルや高い脱毛効果が期待できるなど、脱毛施術と深い関わりがあります。

優しく脱毛したり自己処理を忘れないようにするなどの注意点に気を付けつつ、シェービングサービスなどを利用して効率良く脱毛を進めていってください。